林由美のミラノサローネ・フオーリバスツアー2019

林 由美

プロフィール

木造建築、鉄骨造、RC造を経験し、建築デザインの仕事を通して、みんなが笑顔になれる空間を作っていきたいと思っています♫

林由美のミラノサローネ・フオーリバスツアー2019

2019.04.11、14:20のエールフランス航空でミラノに向かいます。海外旅行、インバウンドの伸び!こんなにも手続きに時間がかかるとは思ってもみなかった! ①トランクを預けようと思ったら、なんとトランクのカギを忘れた!!顔面蒼白!受付で荷物を預かってもらって、鍵を取りに家に戻っていいですか?と聞くと、荷物も預けられないそう。がーん!!はっ!って思い着いたのが南京錠。空港で買えることを確認し、一安心。そしてトランクを無事預けられました。 まだまだありますが、ゲートオープンしたので後ほど。 では、行って来ます♫ そして、意気揚々とパリ経由のシャルルドゴール空港に到着し、ミラノ行きのゲートをチェックイン!ところが自動ドアが開くとバスが待ってるではありませんか。えっ!バス乗るの?と思い、たずねると、乗りなさいと言われ、ぎゅうぎゅうのバスに乗り出発。えー!どこに連れて行かれちゃうの?やっぱり一人旅は恐い!って思っているのも束の間、一回り小さな飛行機に階段を登って乗り込みました。 約1時間半でミラノ到着。現地は夜中の11時です。先にミラノに来た方には、話しかけてくる人は注意と言われたけど、トランクがどこから出て来るのか分からない。オロオロしているとダンディなおじさまが来いと手を振っている。 恐る恐る近くととても親切に教えて頂き、まさに神対応でした。 無事、トランクを受け取れました!そして電車があることは事前に調べていましたが、切符の買い方が分からない。他の人に聞くも、周りの人も分からず、みんなでオロオロ。アジア系の容貌の若者がいたので、日本人ですか?と聞くと、英語ペラペラの現地の人でした。 彼は切符の買い方を教えてくれ、学生だと言う。調子に乗った私は、ミラノ中央駅まで行きたいと言うと一緒に行けるからと言われたような気がして、一本早い電車に乗った。それが失敗。良く話しを聞くと終点まで行ってメトロで乗り換えられると言う。それって遠回りなんじゃ??一人でネットで調べ乗り換えることを発見。そして途中で降りたけど、あまりにも無人駅で違っていたら、タクシーも来なそう。恐くなって、彼とは違う車両に乗り直した。結局、終点まで行ったけど、メトロは閉まっていて、小雨の降る中、タクシーを捕まえることに。大きい道路に出ても空いているタクシーはない。そういえばと、駅を出たところでタクシー乗り場って書いてあった看板を思い出し、そちらの方向を向かうと並んでる人がたくさんいた。そして、中々タクシーが来ない。現地の人は電話で呼んでいる。私もタクシーを呼んで欲しいとお願いしたら、タクシーはここで待っていれば来ると言われ、最後に1人ぽつんと取り残される。恐くなって、先にミラノに来てる方に電話を掛けると折り返しくれて、タクシー乗り場で待ってれば大丈夫と言われ一安心。しばらくすると年配の運転手の方が現金のみの支払いだと言われたので、どのくらい料金しますか?とたずねると€15くらいかなぁと言われ、換金した現金€100を持っていたので乗れることに。実際には最短ルートで行ってくれ€13だった。この方の神対応にも感謝します。 色々ありましたが、たくさんの方に助けられて、無事、ミラノのホテルに到着しました♫やっぱり1人では生きていけない。そして、人任せではなく、強い信念を持とうと思った体験でした。 愛いっぱいのみなさんに感謝です♡
【安藤忠雄とアルマーニ展】 ここまでするの!!っていうくらいすごい作品が展示されていました。きっとこれもほんの一部のでたくさんの努力の結晶なのでしょうね。改めて、プロフェッショナルの世界の偉大さに感動しました。
ボスコ・ウェルティカーレはイタリア語で垂直の森。私はすごく植物が好きなんです。そんな私にちかちゃんが教えてくれたのがミラノにあるこの集合住宅。実際に近くまで行ってみると生き生きと成長している植物の生命力にパワーをもらいました。私もこんな住宅に住んでみたい! 設計者である建築家のステファノ・ボエリ氏は、いつも樹木のことで頭がいっぱいだそうです。2棟の高さは80mと120mで、約2万本の樹木や低木が育っているとのこと。そして、年間30tの二酸化炭素を吸収し、19tの酸素を生み出しているそう。人の心だけでなく、地球環境も優しい建物を全世界に広めることを私もしていきたいと強く思いました♡
4/13(土)、ミラノサローネ会場に初めて来ました。ミラノデザインウィーク中、ミラノサローネは土日が一般の方も入れるので朝の9:30から会場は活気付いていました! また明日、見学したところをブランド毎にご紹介致しますね。お楽しみに♡

ミラノデザインウィーク出展ブランド!

【LOUIS VUITTON】 美しい色彩と持ち運び可能なことも想定してからの創作物。椅子も大きなものは分解出来て、設置場所で組み立て完了しますのこの他にもたくさんの家具があり、感動しました♫この世界感は必見です。
【+nendo】 nendoは何ヶ所かコラボされていて、その内の1つの展示会場です。柔らかいガラス使いが素晴らしい♫
【クヴァドララフシモンズ】 ファブリックのメーカーで触って欲しいくらいの良質な手触りです。展示場の囲いの枠までファブリックで覆われていました。すごいこだわり♫
【ディモール】 クラブ系の重低音の音楽が流れていて、今までとは一味違ったきらびやかな家具が展示されていました♫
【カッシーナ】 街中にあるカッシーナのお店です。新作はありませんでしたが、アンティークな商品も置いていて日本とは雰囲気違っていて新しい世界感でした♫
【バクスター】 圧倒的に皮の質がいいのがバクスター。これは手触りを実感してもらいたい一品です。
【サンワカンパニー】 サンワカンパニーとカリモクのコラボレーションのキッチンや海外のみで販売しているデザインキッチン、移動式キッチンなど新しいサンワカンパニーと出会えました 。一緒に見学に行ってくれたお2人のおかげで色々な説明もスタッフの方に聞かせてもらい、勉強になりました♫
【nendo×DAIKIN】 この空間は入った瞬間に感動して、涙があふれてました。空間と音楽と演出がすごいのです。2分くらいですが、みなさんにも体験して頂きたいので、是非、映像をご覧ください。
【エルメス】 繊細な刺繍や、どこか日本らしさを感じる作品がたくさん展示されていました。私の知らない新しいエルメスにたくさんの発見がありました。
【ニルファーデポー】
【パオラ・レンティ】 実際に見ると写真では表現しきれないほど、息を呑むほどの鮮やかさです。美し過ぎて感動しました♡
【カルテル】 独特の世界観があります。そして、展示空間の細部にまでこだわっているのが、壁の装飾。壁は刺繍柄を合わせた布張りなのです。色々な視点からデザインの奥深さを感じました♡
【ボッフィ】 キッチンやバスルームのパイオニア的存在のイタリアンブランド。キッチンと一体型のテーブルトップは、手動で位置を変えられるなど、機能性も考慮されている。

ミラノサローネ出展ブランド!

【ミノッティ】 写真では表現しきれない、座り心地の良さがありました。VIPスペースを案内され緊張してしまい、上手く写真が撮れませんでした。こちらはロドルフォ・ドルトーニ氏とnendoの佐藤オオキ氏によるデザインです。2人のコラボレーションが素晴らしかったです♡
【ロイヤルボタニア】 アウトドアドアの家具メーカーです。植物に囲まれてアウトドアドアリビングを楽しめる体験が出来る空間でした♡
【バクスター】 前回もお伝えしましたが、バクスターのソファは皮の手触りが皮とは思えないほど柔らかく、滑らかでそして、張りがあるのです♡
【リフレックス】 美しい照明器具がたくさんありました。デザインって照明が変わっただけで、すごく雰囲気が変わりますよね♫
【MOOD】
【TONON】 シンプルな椅子なのですが、どれも全て座り心地ちがいいのです。アウトドア家具もあり、丁度いい大きさなのでマンションのバルコニーでもガーデンを楽しみながらお茶が出来そう♫
【Knoll】 ミースファンデルローエのデザインは今でもモダンで、座り心地ちも最高です。素晴らしい巨匠ですね♫
【vitra】 モダンな家具もればポップなものもあり、色々楽しめます♫
【DEDON】 ガーデンファニチャーで、色合いが私好みなんです。ガーデンリビングは私のお気に入りなんです♫
【MisuraEmme】
【LIVING DIVANI】 大きなリビングにこのソファがあったら、家族が思い思いのことをしていても、近くにいれて楽しそう♫
【アルフレックス】 先生に教えてもらったのですが、今回の展示は本家イタリアのアルフレックスのものでした。日本のアルフレックスはライセンス契約をしていて、日本オリジナルの家具もあるそうです。日本のアルフレックスはモダンデザインで、私の好きな家具の一つです♡本家アルフレックスも優しい色使いで温かみを感じました♫
【poliform】 混みすぎていて入れなかったので、外からパシャリ♫
【TUUCI】 実際に見るとすごく大きくて、大人数でも海辺でゆっくり休めそう♫
SailingJapanの この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
欧州寄航
SailingJapan

コメント

タイトルとURLをコピーしました